「探究型読書」を読んだ

📆November 22, 2020🔖 読書ログ

探究型読書」という本を買いました。毎日のように行っている渋谷の啓文堂(お世話になってます)で平積みされて推されてたので、中身をよく見ずに購入。

正直に言うとあまり面白くはなかったです。よくある読書術の本でした。自分にとってあまり目新しいことはなさそうだったので、パラパラっと読んで読了。

以下、気になった部分のメモと、

その感想です。




「探究型読書」は、読書を通して内省の機会を提供するものという理解をした。



これは参考になりそう。つぎ読むときから実践したい。記憶に定着しやすくなるらしい。



DaiGo さんの「オトナのための【読書感想文の書き方】」を見た」この記事でも書いたけど、本を読みながら Q&A を蓄積してくと記憶似残りやすいって言ってた。


本を読んでるとそれに関連する脳内の引き出しが開く感じがするの好きなんだよなあ。内省の良いチャンスになるので共感した。


ちなみに読書術の本だったら「レバレッジ・リーディング」が超オススメ。大学時代に読んで、超読み返してる一冊です。こっちの方がオススメ。

レバレッジ・リーディング

探究型読書

こちらの記事もオススメ。

DaiGo さんの「オトナのための【読書感想文の書き方】」を見た