Mac の初期設定 2020

📆November 21, 2020🔖 Mac

奥さん用に新しく買った MacBook Air
奥さん用に新しく買った MacBook Air

新しい MacBook を購入して、初期設定を行ったのでそのメモ。

せっかくならクリーンに環境を作ろうかなと思い、Time Machine 経由での移行は行わず、手動で初期設定をし始めました(新しい OS でシンプルにワクワクするから、というのもある)

設定しながら以下にメモを取っていきたいと思います。

本体の設定

マウス・トラックパッドの軌跡の速さを最速に

最速じゃないとストレスを感じるようになってしまった。

マウスの速さを最速に
マウスの速さを最速に

キーボードのリピート間隔を最速に

こちらも最速に。生産性を最大化しましょう。

キーボードのリピート間隔を最速に
キーボードのリピート間隔を最速に

次のウィンドウを操作対象にする ショートカットキーを変更

Chrome や VS Code を 2 つ以上のウィンドウで開いているときに、切り替えられるようにするショートカットキーを設定。デフォルトが難易度高いショートカットになってるので、Option + Tab にいつも変更しています。(Cmd + Tab と操作が近いのでこのショートカットがおすすめ)

次のウィンドウを操作対象にする ショートカットキーを変更
次のウィンドウを操作対象にする ショートカットキーを変更

Dock を使いやすくする

Dock を使いやすくする
Dock を使いやすくする

以下の設定を行います。

  • 自動で隠すようにする
  • サイズを小さくする
  • 不要なアプリケーションの削除(正直ほとんど不要)
  • ディスプレイの解像度を変更

  • 「スペースを拡大」に変更
  • ついでに「輝度を自動調節」と「True Tone」を OFF
  • ディスプレイ設定
    ディスプレイ設定

    Finder のカスタマイズ

  • ツールバーのカスタマイズをして表示項目を変更
  • パスを表示するようにする
  • 隠しファイルを表示するように変更
  • Finder のカスタマイズ
    Finder のカスタマイズ

    起動時のサウンドを無効化

    Big Sur から起動時にサウンドが鳴る仕様が復活していたのでこれを無効化しました。

    「起動時にサウンドを再生」のチェックを外す
    「起動時にサウンドを再生」のチェックを外す

    隠しファイルを表示するように設定

    Terminal で以下のコマンドを入力

    $ defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles -boolean true

    視差効果を減らすを ON

    デスクトップの切り替え時や、ミッションコントロールを表示するときのアニメーションが鬱陶しいので「視差効果を減らす」にチェックを入れる。

    最低限のソフトウェアのダウンロード

    環境を作る効率を上げるためのソフトウェアをダウンロードします。LINE とかそういうのは初期設定としては不要なので今回は割愛。

  • Google 日本語入力
  • Google Chrome / Chrome Canary
  • ShiftIt (ウィンドウ操作)
  • 英かな
  • Google 日本語入力では、全角スペースOFF にするなどの設定を追加。

    開発環境・仕事系ソフトウェアのダウンロード

    フロントエンドの開発に必要な各種ソフトウェアのインストールをします。残りは仕事時に必要になるたびにちょこちょこと。

  • VS Code
  • node.js(nodebrew がまだうまく動かなかったので Web サイト経由でのダウンロードにした)
  • Figma / Figma Beta
  • Slack
  • Photoshop

  • とりあえずはこんな感じ。あとは仕事で使っていくうちに徐々に設定を拡充させていこうと思います。

    honntouhahannkakueisuudenyuuryokusitakatta

    ハンカク