Notion Blog にタグ機能を追加する【Notion Blog 徹底解説 #6】

// 🙎‍♂️ Yuji Tsuburaya📆 June 07, 2020🔖 Notion BlogNotion

@___35d です。ありがたいことに「タグはどうやって付けてるの?」とタグ機能についてのお問い合わせを何回か頂いたので、今日は Notion Blog にタグ機能を追加する方法について解説していきたいと思います。書いていて、ちょっとボリュームが多くなりすぎてしまったので、2記事に分割しました。

このブログでやっていること

このブログでは、タグを追加して、以下の2つのことを実現しています。

  1. ブログ記事ごとにタグ付けできるようにして、画面に出すようにしています
  2. タグごとの記事一覧ページを表示する(今回は解説しません。次回以降のブログで解説しますね)

本記事では、ブログ記事ごとにタグ付けできるようにして、画面に出すところまでを解説したいと思います。

記事一覧ページ 記事に紐づくタグが表示されている
記事一覧ページ 記事に紐づくタグが表示されている

👆 記事一覧ページで、その記事に付いているタグが表示されているのが分かるかと思います。

記事詳細ページ 記事に紐づくタグが表示されている
記事詳細ページ 記事に紐づくタグが表示されている

👆 また、記事詳細ページでも、タグが表示されているのが分かるかと思います。

これをどう実現しているのかと言うと、👆 のツイートのように、Notion Blog は記事の Page に、独自のプロパティを追加することで実現しています。プロパティを追加することで、自由にブログにメタ情報を付与することができるようになります。この仕様を利用して、タグ機能を追加していきます。

それでは、細かく解説していきましょう🙌

Notion に Tag プロパティを追加

まずは、Notion に Tag プロパティを追加します。Notion Blog のテーブルの右端に + ボタンがあるので、そこからプロパティを追加していきます。

Notion 側に Tags プロパティを追加
Notion 側に Tags プロパティを追加

今回はプロパティ名は Tag とします。プロパティ名は何でも良いのですが、ここで決めた名前を Notion Blog 側の実装で使用するので、なるべく分かりやすいものにしておくことをオススメします。タグは複数入力することも多いと思うので、Type は Multi-select を選ぶと良いでしょう。

実際にデータが入った僕のブログの場合だと、以下のようになっています。

実施にタグを入れた場合のスクリーンショット
実施にタグを入れた場合のスクリーンショット

Notion Blog でタグを取り出す実装

(このあたりから、Next.js の話になります)

記事詳細ページにスコープを狭めて実装の解説をしていきたいと思います。[slug].tsx が記事詳細ページのファイルになります。

[slug].tsx では、 unstable_getStaticProps 関数で、Notion の記事のデータを取得し、post というオブジェクトを props に詰めて返しています。この post オブジェクト内に、先程 Notion のテーブルに追加したプロパティである Tag が追加されるようになります。

// [slug].tsx export async function unstable_getStaticProps({ params: { slug } }) { // 中略 return { props: { post, // ここに記事のデータが詰まっている }, } }

post の中身は、以下のような形式のオブジェクトになっています。

post オブジェクトの中身を出力した結果
post オブジェクトの中身を出力した結果

Multi-select を選択した場合だと、複数選択したタグがカンマ区切りの文字列形式で入ってくるので、これをそのまま HTML として出力すれば、記事詳細ページにタグとして表示することができます。

記事詳細ページの DOM の組み立ては RenderPost 関数内で行っています。RenderPostでは、引数として先程 unstable_getStaticProps で返したオブジェクトを受け取っているので、post.Tag とそのままアクセス してやれば、タグ情報を Notion Blog 内で

return されている DOM の中で、 いい感じに出力してやると良いと思います。雑にやるなら、以下のような感じになります。

return ( <> // 中略 // 👇 これで、カンマ区切りの Tag が出力される <span>{post.Tag}</span> // 中略 </> )

🚀 完成

これで、タグが出力されるようになりました。あとは、スタイルをいい感じに当てれば、このブログのように、タグ一覧を出力することができるようになります。

記事詳細ページ 記事に紐づくタグが表示されている
記事詳細ページ 記事に紐づくタグが表示されている

これで見事に記事ページにタグを表示することができるようになりました。記事一覧ページにタグを表示させたい場合も、同様の手順で行うことができるので、ぜひチャレンジしてみてください。

不明点等あれば、@___35d までお気軽にご連絡ください。それではまた次回 🙌

🌞 おまけ

僕は、カンマ区切りのタグがちょっと不格好だったのと、それぞれのタグにリンクを付与したかったので、タグ出力用の Tags コンポーネントを作成し、カンマ区切りの文字列を渡したら、リンク付きでそれぞれのタグ文字列が返ってくるコンポーネントを自作しています。

以下のようなイメージです。

// Tags コンポーネント return tags.map(tag => { return ( <span className="mr4" key={tag}> <Link href={`/tags/[tagName]`} as={`/tags/${tag}`} passHref prefetch={false}> <a className={tagStyles.tagLink}>{tag}</a> </Link> </span> ) })

✍️ Notion Blog のカスタマイズ方法まとめ

シェアしてくれたら喜びます 👨‍🎤

広告

書いた人

___35d

Yuji Tsuburaya (@___35d

👩‍💻 Frontend Engineer

🏢 J-CAT CTO Co-Founder / ex. BizReach

🎨 by @ch1ch1ch1_123

💚 Minimalism / Notion / Figma

📱 Author of @FastNotion

詳しいプロフィールはこちら

広告