「幸福学」を読んだ

📆October 13, 2020🔖 読書ログ

幸福学
幸福学

職場を「幸福」な状態にするには、マネジメントレイヤーは何をすべきか?みたいなことに焦点が当てられている本でした。ちょっと想像と違ったけど、ハーバード・ビジネス・レビューだから「まあそうか」といった感じ。

自分的にはけっこう難しい本で、読み飛ばしたところもけっこうあったので、完全に咀嚼するまでにあと何回かは読み直さないといけなさそう。

以下、読書メモ

と、軽い感想です。


なるほど。happy は一時的、well-being は恒久的な感じする。幸せにはその両軸がある、納得感あった。


最高点が 10 点だったときの、日本人の得点の傾向。欧米は、10点から減算法で8点程度で、個人主義的な国だとこうなるらしい。一方で東アジアのような集団主義的な国だと 5点前後になるそう。日本人はその両方の性質を持っているらしい。面白い。


これは以前に別の場所でも聞いたことある内容だった。ある程度の負の感情もクリエイティビティには必須だよね。


Will / Can / Must のすり合わせが大事って言われてるのはこれだよね。これも納得感ある。


前半は理解できたんだけど、「他者と共鳴するものには報いればよい」ってのがイマイチ理解できなかった。どういうことなんだろう……


ポジティブ心理学の基礎で「PERMA」と呼ぶらしい。



進捗があると幸福度が増しやすくなるの分かる。マネジメントレイヤーは進捗が可視化できるように仕組みを作るお仕事。


情報を共有、見える化するの、本当にダイジ。意外と抜けがちなので気をつけたいお気持ち。

幸福学