Expo で作ったアプリを App Store Connect にアップロードするまで

// 🙎‍♂️ Yuji Tsuburaya📆 May 21, 2018🔖 ExpoReact Native

🚀️ 作業前に app.json でバージョンを上げることを忘れないこと。

ビルド

iOS 用にパッケージをビルドします。環境にもよりますが、まあまあ時間がかかります。僕の場合は10分くらいかかりました。

expo build:ios

ビルドが成功すると、expo のサーバーにパッケージがアップロードされます。ビルド終了のコメントに以下のように URL が表示されるので、そこにアクセスしましょう。ipa ファイルのダウンロードが開始されるはずです。

[23:30:53] Successfully built standalone app: https://expo.io/artifacts/xxxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx

ダウンロードした ipa ファイルを AppStore Connect にアップロードします。Xcode の Xcode > Open Developper Tool > Application Loader と選択していきます。

初回ログイン時に詰まった方は僕のツイートを参考にしてみてください。iCloud から固有の App 用パスワードってやつを作ってそれでログインするとうまく行きます。

さきほどダウンロードした ipa ファイルを選択し、指示通り進んでいきます。アプリの検証に5分ほど時間がかかります。無事成功すると以下のような画面になります。

これで AppStore Connect へのアップロードは完了です。ここから先は普通の iOS アプリの申請と同じようなフローをたどれば公開できます。

IDFA の設定

Expo の場合の IDFA のところだけ忘れがちなのでメモ。チェックを以下のようにしたらいけました。

けっこう初見殺し感が強かったけど、まあ一回やっちゃえばなんとなく分かるって感じの作業だった。とにかく初回の申請が鬼門。

シェアしてくれたら喜びます 🐌

広告

書いた人

___35d

Yuji Tsuburaya (@___35d

👩‍💻 Frontend Engineer

🏢 J-CAT CTO Co-Founder / ex. BizReach

🎨 by @ch1ch1ch1_123

💚 Minimalism / Notion / Figma

📱 Author of @FastNotion

詳しいプロフィールはこちら

広告